こんにちは!山田です。

以前このブログでホームページSSL化を勧めさせていただきました。
ホームページSSL化のススメ
いよいよGoogleから、Google Chromeの7月のアップデート以降、SSL化していないホームページはURLに『保護されていません』と表示する、と発表しました。 具体的にどうなるかというと『http』のホームページは、 こうなります。 この状態ではホームページを見に来た人が安心して利用することはできないと思います。 ちなみに、SSL化してあると、 このようになります。     今回はGoogle Chromeのアップデートです。 Internet Explorerをお使いの方も多いかと思いますが、デスクトップで使われるブラウザの使用率は2018年5月の段階で↓下記のような分布になります。 1位 Chrome 47.74%  2位 IE 21.8%  3位 Firefox 12.14%  4位 Safari 8.26%  5位 Edge 6.88%  6位 Opera 0.85%  7位 Sleipnir 1.44%  8位 Vivaldi 0.22%  9位 Maxthon 0.12%  10位 その他 0.55%   Chromeが半分を占めていて、Internet Explorerが2割、その他のブラウザが続くという感じです。 この結果を見ると、SSL化(https)しておかないとマズイと思いませんか?   私たちでホームページのSSL化をサポートさせていただきますので、 お困りの方はお気軽にご連絡ください。